椅子に座ったまま「くびれを作る方法」がずるい!ジム行かなくていいじゃん。

年齢と共に「くびれ」がなくなってきますよね。

ローラさんや中村アンさんのような腹筋は無理にしても、

やはりそれなりにほしい「くびれ」。

男性なら武田真治さんのような完璧な肉体に憧れる人も多いのではないでしょうか?

40代後半であの美しさはなんなん(;^ω^)

武田真治-Wikipedia

ちなみに前面のお腹の張りや体重増加を抑えるだけなら、自転車×豆腐ダイエットで可能なんです。

豆腐ダイエットは大正解!毎日食べれば軽くなる!!

でも「くびれ」はそれだけではできないし、

体型をアスリートっぽくしたいなら筋トレなどの運動がやっぱり必須。

かといってジムに行く暇もないし、そこへ行くのも利用するのもお金がかかる(>_<)

でもその必要ないことが分かりました!

これから紹介する方法で「くびれ」はつくれるようです。

私は始めて間もないですが、腰の負担が少ないので安心して取り組めてます。

(人によっては腰を痛める可能性もありますので、そこは慎重にお願いいたします)

椅子を使ったくびれをつくる方法はこれだ!

①椅子に若干浅めに座ります。

②手を頭の後ろへ。

③左足を上げ、なるべく前かがみにならないように上体をひねりながら、右ひじと左足の膝を当てます。

④同様に、左ひじと右足の膝を当てます。

③と④を繰り返します。

 

注意点として、反動を使ってやらないこと!

反動を使うと、腹筋をまったく使わないのでほとんど意味がありません。

呼吸しながら、ゆっくり行いましょう。

あるいは膝とひじを当てた状態で数秒間キープすると効果的。(呼吸はとめないでね)

 

足をあげるので、腹斜筋だけでなく、腸腰筋も同時に鍛えられるようです。

頑張って50回ぐらいすると効果的。

私は、お通じもよくなりました(*´▽`*)

 

下記のサイトに分かりやすく解説してあるので、ご参考になれば!

くびれウエストに!イスを使った「美くびれエクサ」

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。