グラボをGT710⇒GTX1050Tiに替えてみた!!~前編~

古くなったPCを性能アップさせるならグラボは必須。

この記事はGEFORCE GTX1050Ti(ロープロファイル対応)を、

HP製 ELITE 8300SFに取り付けたときのことを書いております。

(この記事の情報は一部古くなっております。思い出として残したい為、大幅な修正はしておりません。)

PCを買い替えるとグラボも替えたくなる!?

Windows7がとても使いやすく慣れ親しんでいたのですが、

サポートが終了するとのこと。(2020年1月14日をもってサポート終了)

そんなわけでWindows10の中古PCを購入しておりました。

HP製 ELITE 8300SF というスリムタイプのデスクトップ型PC。

スリムと言っても、一番薄っぺらいタイプではなくてちゃんとロープロファイルのグラボが入るやつです。

こちらと同じ外観👇

SFシリーズは使い勝手がいいんですよね。大きすぎず小さすぎず、USB端子の数も十分。

この製品にGEFORCE GT710をいったんは取り付けてみたんですが、

なんか性能的にいまいち。

PCの性能が上がると、ついでにグラボもグレードの上の製品に替えたくなるというもの。

信長の野望や三国志などのゲームが好きなんですが、いっそう快適に楽しめそうですからね!

信長の野望「創造」をやってみた!!天道よりも面白いのかな?

ロープロ最強のグラボは何にかな?

できるだけ性能の良いものを選びたい。ロープロファイル限定ですが。

調べたところ、

GEFORCE GTX1050Tiがロープロ最強であることがわかってきた

GT1030という製品もあるのですが、しれーっとGDDR5からDDR4に下げてあるそうです。

よく分からないけど、これだと明らかに大幅性能ダウンしてそうです。

もちろんGT710よりは上でしょうけど、替えたところで満足できそうもない。

とりあえずGT1030は買わないほうがいいようだ。

素人の私でも簡単に取付!

そんなわけでさっそく、

MSI GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP

を購入しました。

GT710を外してGTX1050TiをPCにセット。

素人の私でも簡単にセットできました。

ドライバのインストールも簡単。

MSIのHPから最新バージョンのドライバをインストールできるんです。

HP製 ELITE 8300SFの中
グラボの交換は簡単!

こうやってみると、「GTX1050Ti(ロープロファイル対応)」はなかなかの存在感ですね!

ファンの前に空間があるので、ちょっとやそっとの負荷なら熱がこもることはないのでは。

ついでに積もった埃を取り除きました。

GT710⇒GTX1050Tiで、どのくらい性能アップしたか?

グラボを替えたら性能比較をしたいところ。

ちなみにPCのスペックは、Windows10 64bit  COREi5 3570 メモリは4GBです

信長とブログ執筆の私にとっては、この程度の性能で十分です。

 

下はGT710とGTX1050Tiの比較です。参考にどうぞ。

 

 

GT710の時のドラクエベンチマークテスト。

 

GTX1050Tiに交換後。

 

GT710

GT710 HWMonitor
GT710の時のHWMonitor。

GTX 1050Ti

gtx1050 HWMonitor
GTX1050Tiに交換後。

まとめ

今回の性能比較は、11月の涼しい(寒かったかな)環境で行ったものです。

夏に3Dゲームをすると、もっと高温になってファンもガンガン回る可能性はあります。

とりあえず電力不足などの問題はないみたいなので、

交換して良かったと思います。

めっちゃ性能上がってるし!!

後編に続く。

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。