缶コーヒー「微糖」と名の付くものを飲み比べてみた!!

「缶コーヒー」は美味しいのか

缶コーヒー」って、はっきりいって美味しくないです(笑)

美味しいドリップコーヒーと比べたら雲泥の差ですよね。

でも全ての缶コーヒーが不味くて飲めないってわけでもないんですよ。

職場に自販機があったら、なんとなく買ってしまうことありますよね。

お腹が空いている時などに飲みたくなることもあります。

上司やお客さんから頂いたりすることもあるでしょうし、会議や打ち合わせで缶コーヒーが出てくることもあります。

缶コーヒーを飲むことが習慣になってる人も多いので、癖になるような美味しさはあるんだろうなとは思います。

「微糖」を選ぶ理由とは?

私の場合、

もし缶コーヒーを自分で買って飲むとしたら「微糖」と名の付くものを選ぶことが多いです。

「無糖」は眠気覚ましには良いのですが、ドーナツや菓子パン、チョコレートなどを食べたくなってしまいます(笑)

「無糖」の缶コーヒーだけだと、なんだか物足りないんですよ。

かといって、普通の砂糖が入った缶コーヒーは甘すぎる!

ただし、「微糖」は人工甘味料が気になります。飲みすぎないほうが良いでしょう。

缶コーヒー「微糖」を飲み比べてみました!

トップバッターはこちら。MAJOR34BLACK

ブラック微糖。華やかな香りのエチオピア産のコーヒー豆を34%ブレンド。聞こえはいいですねw残り66%何が入ってるのか。

飲んだ瞬間うーん・・・、なんだか物足りない。華やかな香りは私にはちょっと分かりませんでした。でも原材料がコーヒーと砂糖のみになってて、つまり乳化剤や甘味料が入ってないのは良いですね。価格もドラモリで42円と安い!

はい、55点。

次はこちら。UCC BLENDED COFFEE

微糖。すっきりとした甘さとキレ。

これは確かにすっきりしてる気がします。コーヒーよりも甘味料の香りの方が強い気がしますが。でも飲みやすくてそんなに嫌いではないです。

はい、60点。

続きまして、こちら。KIRIN FIRE

挽きたて微糖。香ばしく後味すっきり。

香ばしさは私には分かりませんでしたが、わりと飲みやすいです。微糖にしてはカフェオレに近い気もしましたが、まあまあ美味しいかも。缶のデザインも独特で素敵?!

75点。

次はWONDA 極(KIWAMI)です。

微糖。500℃火入れの焙煎の香り 深煎りの極み なんか名前負けしてるような・・・。

甘味料の香りが強くてコーヒー感がなかったです。味覚に個人差があるので、好きな人はいると思いますけどね。

ほい、50点。

次はこちら、SUNTORY PREMIUMBOSS。

微糖。ボス微糖史上最高峰のコク。

うーん、コクがあるというか普通に甘い感じがしました。もはや微糖ではないような・・・。 お腹すいてるときには良いかもしれません。

65点。

次いきましょ。UCC BLENDED COFFEE

澄みごこち微糖。すっきり広がるコクと甘み。

乳清ヨーグル的な風味と人工甘味料のハーモニー。コーヒーの香りがないような気がするのは私だけでしょうか。でも空腹時や真夏に喉が渇いてれば飲めるかもしれません。

45点

次はこちら、SUNTORY BOSS。

贅沢微糖。豊醇のコク。59円でも贅沢なんです。

微糖にしては甘い気もしますが、甘味料臭さはそれほどないので良いのではないでしょうか。これを豊醇のコクといえるのか分かりませんが、少しチョコレートを食べた後のような後味が残りました。疲れてるときには良さそうですが、もう少し自然な味なら80点あげたいかも。

70点。

最後はこちら。WONDA GOLD

金の微糖。凝縮されたうまさ。

SUNTORY BOSSよりも、こちらのほうがわずかですがコーヒーらしさがあるかな。甘味料くささもそれほど感じません。特に美味しいわけではないですが、BOSSの良きライバルかなって感じました。

70点

結局、どれが美味しいの?

採点までしてしまいましたが、

やはり人それぞれ味覚は違うので、結局好みの問題ですよね!

味覚はその時の体調によっても変わってきますし、缶を振ったほうが良かったり悪かったりもします。

つまり参考程度にお願いいたしますね(笑)

それではまた!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。