室内で洗濯物を乾かすなら「除湿機」を使うのが断然オススメ!!

除湿機があればコインランドリーに行く必要なし。電気代も安い!

選ぶなら「コンプレッサー方式」!

雨が続くと洗濯物がたまってきてコインランドリーに行く人も多いかと思います。

しかしちょっと待った~!!

家に除湿機があれば、コインランドリーに行く必要がなくなります

(布団の丸洗いなどは別にして)

梅雨の時期もよく乾きます。

というかコンプレッサー式の除湿機は梅雨の時期、じめじめした蒸し暑い季節ほど大活躍なんです!

逆に冬場寒い時期は乾きにくいのがコンプレッサー式のデメリットです。

でも冬場は洗濯物の雑菌が繁殖しにくいので、私はそんなに気にしてません。

ちなみに扇風機の風を当てて乾かす方法もありますが、あれは部屋のどこかに湿気が移ってるだけです。

部屋にカビが繁殖しそうで、なんだか嫌ですよね。

除湿機はしっかり水を集めてくれます。

集まった水を捨てることができますので、洗濯物だけでなく部屋自体の湿気もしっかりとってくれます!

そしてコンプレッサー式の除湿機は電気代が安い

さすがに扇風機よりかは電気を使いますが、神経質になることはないレベルだと思います。

「デシカント方式」は冬場も乾くけど電気代がネック。

ちなみにデシカント式の除湿機はヒーターを使いますので、電気代が高くなります。

エアコンやドラム式洗濯機の乾燥モードを使うのとあまり変わらないほどです。

梅雨のじめじめした時期に大活躍できるコンプレッサー方式を選んだ方が良いと思いますよ!

ついに壊れた?シャープ「DW-M16CX-W」

このシャープの除湿機「DW-M16CX-W」ですが、①空清脱臭②除湿③衣類乾燥の3モードありまして、我が家で大活躍しております。

室内に干した洗濯物を乾かすために②か③で使うことがほとんどです。

これらは部屋全体の湿気を取りたい時にも役に立ちます。つまり、部屋の「カビ防止効果」絶大!

衣類乾燥モードだけでもいいぐらい。

っていうか、まだ使ってんの?!って言われそうなぐらい古いモデルなんです。

2001年製。使用期限とか大丈夫かな。火災が心配ではある・・・。

しかし一度は買い替えようと思った時期がありました。3モードのうち②③スイッチの反応が著しく悪くなったのです。そのうち力いっぱい押しても反応しなくなりました。おわったかな・・・。

でも落ち着いて自分なりに考えました。もしかしてここじゃないかな?って。

スイッチ周りをよ~く見ると、すき間に埃が見えたんですよね。

これを爪楊枝や精密ドライバーのような細いものを使って掻き出していきました。

でも粉っぽい埃は掻き出せないので、ここで無水エタノール登場!!

とても役に立つ無水エタノール。電気製品の掃除等にも。

最初は爪楊枝に無水エタノールを少し付けて掻き出してみましたが、なかなか難しい。

そこでダイナミックにスイッチ周りにぶっかけましたw

これで埃がかなりとれて、スイッチの反応が良くなったのです!!

この後フィルターも掃除して、めちゃ快調になりました☆

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。