福岡大学が箱根駅伝に出場したことがあったんだね!しかも2区で区間賞を獲得!?

福岡大学の駅伝チーム。九州では強いけど・・・。

 

サッカーは全国優勝したこともあるし、

あらゆるスポーツにおいて、九州にとどまることなく、

全国でも活躍してる福岡大学。

 

じつは駅伝チームもあるんですね!

 

そこで、2019年駅伝大会(男子)の結果を調べてみました。

 

すると、ちょっと残念な結果が(*´Д`)

 

第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走

福岡大学は出場できず。

 

第51回全日本大学駅伝対校選手権大会

福岡大学は出場できず。

 

残念ながら、全国大会には出場できてないようです。

 

それでは、九州内での力関係はどうなんでしょう?

 

九州学生駅伝対校選手権大会

福岡大学は2位

島原学生駅伝(男子)リザルト

 

うーん、微妙。

女子の方は全国大会でも入賞が狙えそうな結果を残してますが、

男子は九州で1位になれない時点で厳しいですね。

 

 

 

 

ちなみに、2019年島原駅伝の優勝は第一工業大学(鹿児島)。

第一工業大学駅伝チームは2019年九州地区の代表校になってたわけです。

当然、第31回出雲駅伝や第51回全日本大学駅伝にも出場してます。

 

その結果は、

出雲駅伝⇒20位/21チーム。

全日本大学駅伝⇒24位/25チーム。

 

箱根駅伝でお馴染みの常連校と比べると、

かなり力の差があるようです。

予想通り?

福岡大学が箱根駅伝に!?

 

箱根駅伝に出場するには、

関東学生競技連盟に加盟してることが絶対条件。

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県の

大学または大学院じゃないと、

強かろうが弱かろうが出場することはできないんです。

 

当然ながら、地方の大学である「福岡大学」は出場できません。

 

なんか悔しいですよね。

地方の大学を受け入れないなんて。(東京以外は地方なのかもしれませんが、それは置いといて。)

関西には立命館大学や関西学院大学など、

福岡大学よりも駅伝が強い学校があります。

(男子の話ね)

 

そのような大学も、できれば箱根駅伝に出場したいでしょう。

 

ところが!!

 

過去に、福岡大学が箱根駅伝に出場した歴史があったのです。

福岡大学の箱根駅伝成績がじつは凄い!?

 

1964年(昭和34年)の第40回箱根駅伝。

この大会に関西から立命館大学、九州から福岡大学が招待されたのです。

1964年は東京オリンピックイヤーだった上に、

第40回という節目だったから、

特別な大会だったのでしょう。

 

では、どのような記録が残っているのかな?

 

 

この記録を確認すると、

2区の福岡大学「重松森雄」選手の記録が圧倒的なことがわかります。

抜きんでた記録で区間1位なんですけど、

福岡大学は招待チームの為、

区間賞はもらえなかったそうです。

 

いったい重松森雄さんってどんな人なんでしょう?

なぜこんなに速かった?

重松森雄 – Wikipedia

 

マラソン世界記録を塗り替えた最後の日本人。重松森雄さんって凄い人なんだね!!

 

福岡工業高校を卒業して、1959年九電工に入社。

1961年から病気療養。

将来のことを考えて、九電工を退社し福岡大学に入学

1964年東京オリンピックの代表にはなれなかったものの、

1965年4月のボストンマラソンを大会新記録で優勝。

それから53日後にイギリスで行われたマラソン大会で、

前年の東京オリンピックでアベベ・ビキラが作った世界最高記録を更新する

2:12:00の記録で優勝した。

 

2019年現在、日本人が樹立した最後の男子マラソン世界記録である。

 

マラソン世界記録を叩き出した最後の日本人って、

めちゃ凄いですよね!!!

 

東京オリンピックの代表になれなかった悔しさが、

大きな力になったんですかね( `ー´)ノ

 

ちなみに現在(2020年1月)の重松森雄さんは、

女子駅伝チーム「メモリード」で総監督を務めていらっしゃるそうです。

メモリードといえば、鋼のランナー「吉富博子さん」が所属してるチームで、

プリンセス駅伝にも出場してましたね!

 

選手・スタッフ紹介 | メモリードグループ

 

2024年第100回箱根駅伝大会で、福岡大学が出場できる可能性が!?

 

箱根駅伝100回記念大会から全国化検討、その背景

これって本当に実現するのか良く分からないんですけど、

仮に実現すれば、

九州で1、2位を争う福岡大学は箱根駅伝に出場するチャンスですよね!

 

モチベーションが違ってくるでしょう。

当然、ライバルである第一工業大学も狙ってきます。

 

箱根駅伝を全国大会にすることについて、世間では否定的な意見もあるようです。

 

地元の大学が箱根駅伝に参加できるって嬉しいじゃないですか?

 

たとえビリになってもいい。

もし繰り上げスタートになっても、

それはそれでジーンときます(泣)

 

まとめ

 

箱根駅伝で力を出せなかった選手も、

悔しさをバネにして次に繋げていきましょう!!

 

おかげさまで、私もブログ2年生になりましたが、

今年もほどほどにがんばって書きます(*´▽`*)

 

っていうか、

この記事を読んでくれる人いるのかな!?

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。