庭にヒイラギを植えるデメリット。それでも丈夫で縁起が良い!

拙宅にはヒイラギを植えておりまして、現在その高さは3m近くあります。

もし主幹を切る強剪定をしなかったら4~5mぐらいまで伸びていたかもしれません。

魔除け効果や正月の飾りなど縁起が良いことでも知られてますが、ほっといてもどんどん育つ頼もしい植物です。

この記事が、これから柊を検討されてる方のお役に立てれば幸いです!

紫色の実がめっちゃ落ちる!

大きくなったヒイラギはそれだけ落ちる実も増えます。

柊の花が咲く時期は11月~12月の寒い頃。白く小さな花を咲かせます。

そして5~6月頃には紫色の実がたくさんついてきます。

剪定で枝の数をグンと減らしておけば良いのですが、放置してるとその紫の実がとにかく凄い量落ちるんです。

強風の日にパラパラよく落ちます。

同時にすべて落ちるわけではないので、毎週ゴミ出しの日に箒でまとめるのが習慣になってました。

これはなかなか面倒です。

剪定が大変!?トゲトゲした葉は片付けにくい

大きくなったヒイラギでも、剪定すれば紫色の実も少なくなります。

ですが、その剪定が結構大変なんです。

直に肌に触れると、とにかく痛い。

まぁ、触れなければ良いのですが。

問題なのは剪定後の片付けです。

剪定直後にゴミ袋に入れようとすると、普通に破けますしあまり入りません。

剪定後は1週間ぐらい天日干しして、しならせてからゴミ袋に入れた方が良いですね。

 

それと落ち葉を片付けにくいです。トゲトゲしてるので地面にひっかかるんですね。

箒を使うよりも手で拾った方が早いような。

本当に魔除け効果あるのかな!?

今のところ悪いことは起きてないので、魔除け効果はあるかも!?

ちなみにヒイラギで金運は上がることはないようです。そこは実感しております(笑)


まとめ

柊は地植えならほっといても普通に育つと思います。

毎年適当に剪定してますが、ちょっと剪定しすぎても新しい葉っぱがどんどん生えてきます。

興味ある方は、魔除け効果に期待して柊を植えてみてはいかがでしょう?

(金運は上がりません)

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。