初代博多駅があった場所ってどんなとこ?更地みたいな公園は魅力がいっぱい!?

九州最大の規模と利用客数を誇る博多駅。

現在はJR九州、JR西日本、福岡市地下鉄が乗り入れる一大ターミナル駅ですが、

過去に2度移転してます

初代は出来町公園付近にあったらしく、

2代目は現在の祇園駅付近にあったそうです。

つまり、こんな感じ。

出来町公園付近→祇園駅付近→現在の場所

 

ちなみに11月中旬~1月上旬の博多駅はイルミネーションが綺麗ですよね!

 

2019~2020年博多駅イルミネーションの期間

開催期間: 2019年11月6日(水)~2020年1月7日(火)

点灯時間: 17:00~24:00(初日のみ18:30~)

最初の博多駅は出来町公園付近にあったらしい!

 

初代博多駅は出来町公園付近にあったそうです。

そんな公園あったんですね~。知名度ひくっ!

 

 

車輪の形をしたモニュメントがあります。

石碑に「九州鉄道発祥の地」と書かれてます!

この辺で、明治22年12月に初代博多駅が開業したそうです。

でも明治23年9月、つまり1年足らずで祇園駅付近に移転。

当時の祇園駅付近は農地だった為、容易に移転及び駅舎を建てることができたんだとか。

九州鉄道発祥の地モニュメント

車輪の側面を観察してみると、

C6118 第3動輪 贈:西日本交通機械㈱

という銘板のようなものが張り付いてます。

詳しく知りたい方はこちらのサイトがおすすめ⇒

保存動輪C6118 – 831列車の鉄・街・道

 

「西日本交通機械」という会社は、

現在のJR九州エンジニアリング株式会社のようです。

沿革|JR九州エンジニアリング株式会社

 

C6118 第3動輪 贈 西日本交通機械㈱

ちょっと離れて安藤内科の前あたりから公園を撮影してみました☟

観光バスが停まってるのが分かります。

安藤内科の前から見た出来町公園。

公園というよりも、何もない広場って感じでしょうか?

遊具はないようです。っていうかベンチもないし、植栽も少ない!?

日影がほとんどなさそう。真夏はくそ暑いでしょうね( ;∀;)

とはいうものの、付近で働くサラリーマンの憩いの場になってるようですよ(^^♪

出来町公園の広場

ベンチの代わりになるところはあります。

でも背もたれがないからリラックスできませんよね・・・。

あ、芝生にシート張って横になればいっか(*´▽`*)

出来町公園の座れるところ。
この輪っかを使って腕立て伏せする人いるかな。

有料ですが、駐輪場があります。

 

 

  24時間
自転車 100円
原付(125cc以下) 150円
出来町公園駐輪場の看板

出来町公園でイベントとかないのかな!?

 

フリマっぽいイベントも行われてるんですね(^^)/

イベント名は「博多のキャリー」。

第1回目は、2018年3月30、31日に無事開催されたようです。

第2回もあるよね!?

と思ったら2回目は雨で中止だったそうです。

残念(*´Д`)

第3回はあるよね( ;∀;)

 

出来町公園は、ジョギングやサイクリングなどの待ち合わせ場所にいいかも!

筑紫口側にある「音羽公園」は人が多いですからね。ヨドバシカメラなどお店が多いからかな。

 

 

勇志国際高校福岡学習センターの皆さんが体育実技をおこなったようです。

更地のような公園なので、こういう使い方もいいですね!

勇志国際高等学校は全国通信制 | 夢の実現に向けて勉強するなら‎

 

まとめ

 

出来町公園は現在の博多駅から徒歩圏内の場所にあります。

マニアックな公園かと思いきや、多くの人に親しまれてるようです(^^♪

 

興味ある方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。