その歯数で大丈夫?カセットスプロケットの歯数を替える時は要注意!?

MTBについて分かってないことがまだまだたくさんある!!

ロードバイクのリヤディレイラーには、

GS(ロングケージ)とSS(ショートケージ)がありますが、

MTB(少なくともアルタス9s)にはGSしかないみたいです。

 

そんなわけで、

この記事はほぼ自分の為に書いております。

運悪くページを開いてしまった自転車に詳しい方、あしからずご了承くださいますよう、

宜しくお願い申し上げます。

リアディレイラーが適合してるかどうか確認してなかった!!

 

私が所有してるMTBには、もともと11-34Tのスプロケが付いていたのですが、

「街乗りで34Tとか使わないな~」と思って

安易な気持ちで11-25Tに替えました。

スプロケ交換に合わせて、チェーンの長さも適切なものに替えたはずですが、

何か変速がおかしい。何とも言えない違和感あり。

 

なぜなぜ(。´・ω・)?

 

現在乗ってるMTBに付いてる、シマノのアルタスRDの製品仕様を確認してみました。

RD-M370-SGS ( ALTUS リアディレイラー – 9スピード)という製品。

 

上の画像で分かるように、ロースプロケット最小のところに28Tと書かれてます。

11-25Tは、いま付いてるディレイラーには対応してなかったんですね・・・。

経済的に余裕ができたら、11-28Tのスプロケを購入しようと思います(;^ω^)

いつになるやら・・・。

まとめ

 

カセットスプロケットを歯数の異なるものに交換する時は、

現在使ってるリアディレイラーが対応してるかどうかを、

ちゃんと確認したほうが良いみたいですね!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。