全国高校バスケ「ウインターカップ」2019年は史上初の福岡県勢で決勝戦!!なぜこうなった?

2019年ウインターカップ決勝戦のニュースが飛び込んできました。

福岡第一と福岡大大濠が決勝戦!?

嬉しいけど、なんで福岡県対決なの?

よく分からないので、さっそく記事にしちゃいました。

ウインターカップに出場するには?

 

第72回ウインターカップ決勝戦は令和元年12月29日に行われました。

 

そのトーナメント表を確認すると、

全60チーム出場してることがわかります。

日本全国で47都道府県ありますから、

各都道府県から1チームとすると

13チーム多いことになりますね。(60-47=13)

 

全60チームがどうやって選ばれてるのか、確認してみましょう。

 

 

①各都道府県大会の優勝校(47)

②開催地(1)

③インターハイ優勝校(1)

④インターハイ準優勝校(1)

⑤各ブロック選手権の優勝所属都道府県から推薦された高校(9)

⑥関東ブロック準優勝校(1)

 

これで合計60校になります。(47+1+1+1+9+1=60)

 

じつは第72回ウインターカップに、福岡県から3チーム出場していました。

 

◎福岡第一(インターハイ(総体)優勝枠)

◎福岡大学付属大濠(福岡県予選2位。第72回大会は福岡第一がインターハイ優勝枠で出場できるので①)

◎祐誠(福岡県予選3位だから、⑤ですね)

 

つまり福岡第一は九州ブロック大会とインターハイを優勝したので、

出場枠を2つ増やすことができたということですね。

 

 

ちなみに夏のインターハイの記事は下のサイトが分かりやすいです!

平成31年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会
インターハイ2019 in鹿児島

 

 

決勝戦は「福岡第一vs福岡大附属大濠」

 

祐誠高校は初戦で負けちゃいましたが、

福岡第一と福岡大付属大濠高校はやっぱり強い!!

2チームとも順当に勝ち進み決勝戦へ。

結果は、

福岡第一75-68福岡大付属大濠

 

終盤は福岡大付属大濠が粘りを見せてくれたので、

いい試合だったのではないでしょうか。

まとめ

 

ウインターカップは、

夏の総体(インターハイ)と各ブロック大会を優勝すれば、

その都道府県からは3チーム出場することができる

もしそれが、ウインターカップ開催地にある学校であれば、

最大4チーム出場できるということでしょう。

いや、関東ブロックなら最大5チーム!?

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。