無観客の大相撲。意外と好評な理由とは!?

新型コロナウイルスの影響で、大相撲春場所が無観客に。

私も少しテレビで観ましたが、やっぱり寂しい。

ところが、

「テレビで観てる側としては、意外と楽しめる。」

そのような意見が少なくないようです。

 

どういう理由なのか気になったので、

記事にしてみましたよ!

戦後初!無観客で大相撲が行われる!

大相撲春場所は、

2020年3月8日(日)~3月22日(日)まで、

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で無観客で開催されます。

 

 

 

37.5℃で休場させるらしい。

分かった時は、既に他の誰かにうつってるよね!?

 

 

 

「エア力水」って・・・。

エアー力水、エア力水どっちが正しい書き方なのかな?

「力水=りきすい」と思ってた人(私のように)、

間違ってますよ( ゚Д゚)

好評の理由は何なのか?

たしかに新鮮!!

でも新型コロナ早く終息してほしいですよね(;´・ω・)

 

 

 

雰囲気がいつもと違うと新たな面白みを発見できますよね♪

 

 

 

リアルに音が聴こえて新鮮!!

通常は歓声にほとんどかき消されますもんね。

 

 

 

横綱が出てきても、序の口みたいな雰囲気でした(笑)

 

 

 

 

たしかに行事の声が響きますよね!

 

 

 

なるほど!

言われてみれば。

 

 

 

とんでもないやじが飛んできそう(笑)

 

 

 

放送事故と勘違いして、視聴率上がるかも!?

 

 

 

 

「イッツ・ショータイム!」みたいな。

照明が目に入って眩しいと感じる力士もいるかもしれませんが、

素晴らしいアイデアだと思いますよ!!

がらーんとした客席が見え無くなるメリットも。

 

 

 

観客の存在が、相撲を楽しむのに欠かせないものだったようですね・・・。

そのありがたさに気づけたという意味では貴重な2週間。

 

 

 

まとめ

 

本当に早く新型コロナ終息して(*´Д`)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。