セラ・イタリア社のサドルを買ってみた。使用感と耐久性は悪くないかもしれないね。

現在使用してるサドルが限界に近づいたので、

新しいサドルを購入しました!

初めての穴あきサドル!

 

selle ITALIAのサドルといえば、なんとなく高価なイメージがあったのですが、廉価品もあるんですね~。

今回購入したサドルは、selle ITALIA X1 X-CROSS FLOW という製品。

もちろんカーボン素材のような超軽量かつ高価なものではなく、

FeCアロイレールを使用したもので、総重量300gあります。

ところで、FeCアロイって何やろか?

調べました。

によりますと、

中空でない鉄の合金。
強くてしなやか高強度としなやかさを併せ持つ炭素鋼。

と書いてあります。

 

ところで炭素鋼って何?

 

炭素鋼(たんそこう、carbon steel)とは、鉄と炭素の合金である鋼の一種で、

炭素以外の含有元素の量が合金鋼に分類されない量以下である鋼である。

加工が容易で廉価なので一般的によく使用される鉄鋼材料である。

 

by 炭素鋼-Wikipedia

 

 

HAND MAID IN ITALYと書いてあるけど本当かな?

 

製品が取り付けられてる台紙に、HAND MADE IN ITALY って書いてます。

これは本当なのでしょうか?

まさか本体にmade inちなとか書いてないよね!?

 

各部をアップしてみました。

開口部前方側☟

この縫い目から水が浸入すると地味に嫌ですよね・・・。

 

後ろ側面☟

後方側面はプラスチックのような硬いものでガードされてます。

砂や泥が当たりやすいところなので、耐久性に一役買ってくれそう。

 

開口部後方側☟

縫製が良いのか悪いのか素人の私には分かりません(*_*)

 

レール側面☟

レールのメモリの下のところに、

MADE IN ITALY って書いてありました。

どうやらイタリア製であることは間違いなさそう!?

 

 

続きまして裏面☟

黒くて影もあって分かりづらいですが、レール幅は43mmぐらい。

一般的なサドルはこの幅が多いみたいですね。

 

 

裏面後方☟

両サイドの生地が劣化してヒビみたいになることが多いですが、

この製品はどのくらいもつかな。

シクロクロスやクロスカントリー向け。通勤用にも最適!?

 

wiggleの商品説明には下記のように書いてあります。(CRCで購入したけど)

 

X1 X-Cross は、

ライドで信頼性が高く快適なサドルをお探しのクロスカントリー・シクロクロスライダー向けに作られたサドルです。

耐久性の高いカバーと滑りにくいサイドパネル、

補強されたシェルを特長としています。

 

特長

  • 圧迫を軽減するカットアウト
  • アロイレールと滑りにくいサイドパネル

仕様

  • 重量: 300g
  • サイズ: 幅 135mm x 長さ 280mm
  • レール: アロイ
  • 用途: クロスカントリー・シクロクロス

商品詳細

  • レール素材: アロイ
  • ロード: はい
  • MTB: はい

 

商品説明によれば、快適さと耐久性の高さには期待できそう!?

まとめ

 

通勤用として求められるのは、快適さと耐久性だと思います。

そして価格。

重さは気にしない気にしない。

 

高価なものだと盗難された時のダメージが大きいですからね!

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。