プリンセス駅伝とクイーンズ駅伝。何が違うの?

福岡県宗像市で実業団の駅伝があってました。

「プリンセス駅伝」という美しい響き。それって何なの~?

気になったので、「クイーンズ駅伝」と合わせて記事にしてみました。

令和元年「プリンセス駅伝」の優勝は積水化学!

 

10月20日(日)に行われた「プリンセス駅伝in宗像・福津」。

この大会は

第39回全日本実業団対抗女子駅伝(11月24日、宮城県)の予選会(第5回)なんだそうです。

全28チームが出場。

この中から上位14チームが全日本実業団対抗女子駅伝に出場できるとのこと。

 

優勝したのは積水化学

その中で印象的だったのは、アンカー(6区6.695km)の森智香子選手。

   積水化学女子陸上競技部公式HP

タスキをもらってからゴールまで、ずっと余裕の笑顔でした。

彼女は1500mも速いし、2017年の日本選手権3000mSCで優勝経験があるだけに、

駅伝の6.695kmは心肺機能的にずいぶん楽に感じたのかもしれませんね。

実際にレース前のコメントで、

「アンカーとしてしっかりまとめて、3番以内に入りたい。競ったら絶対に負けない。スピードには自信がある。

 

と言ってましたから有言実行。さすがです。

2位の九電工の選手は大きく離されたまま、影も踏めませんでした。

 

クイーンズ駅伝とは?

全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 – Wikipedia

 

クイーンズ駅伝で上位8位以内に入ればシード権を獲得できるそうです

翌年のプリンセス駅伝(予選)に出場する必要がないってことですね。(というか出れない?)

ちなみに、2018年のクイーンズ駅伝の結果

順位 チーム名 記録
1 パナソニック 02:15:22
2 天満屋 02:16:19
3 ダイハツ 02:16:32
4 ヤマダ電機 02:16:35
5 ワコール 02:16:52
6 豊田自動織機 02:16:53
7 JP日本郵政グループ 02:16:53
8 デンソー 02:16:57
9 資生堂 02:19:06
10 積水化学 02:19:18
11 ユニバーサルエンターテインメント 02:19:21
12 第一生命グループ 02:19:22
13 京セラ 02:20:21
14 ルートインホテルズ 02:20:41
15 スターツ 02:20:58
16 エディオン 02:21:04
17 肥後銀行 02:21:37
18 シスメックス 02:21:39
19 ホクレン 02:21:53
20 大塚製薬 02:22:43
21 鹿児島銀行 02:23:04

1位パナソニック~8位デンソーまでがシード権獲得してます。

九電工も出場していたのですが、途中で棄権。

今回(2019年)のプリンセス駅伝を優勝した積水化学でも、

昨年のクイーンズ駅伝は10位だったんですね。

1位のパナソニックとは4分近く離されてます。

 

2017年の上位8チームも調べてみましたが、

2018年は資生堂が9位でシード権を失い、代わりにワコールが5位でシード権を獲得。

それ以外は同じチームがシード権を獲得してることが分かりました。

 

 

まとめ

 

プリンセス駅伝(予選)に出場したチームが、

翌年のクイーンズ駅伝で上位に入るのはなかなか大変なことなんですね(;^ω^)

 

積水化学や九電工が全日本大会(11月24日宮城県で開催)で上位にこれるのか!?

本当に楽しみになりました(*´▽`*)

 

 

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。