レゴ互換はなぜ売れるのか?

我が家には整理するのが困難なぐらいレゴブロック(正規品)があります。

セットになったものを子供の誕生日やクリスマスプレゼントのたびに購入してたので、

もう大きめの箱いっぱい!ゴチャゴチャになってます。

そんな状況にもかかわらず、

子供がまたレゴがほしいと言い出した(;^ω^)

さすがもう5千円~1万円以上もするようなセット物を購入する気はないのですが、

 

3000円程度のものは物量が少なすぎ!!

たったこれだけで3000円もすんの??

 

ちょっと首をかしげたくなる価格です。

 

 

最近知ったのですが、レゴには互換品があるんですね!

プリンターのインクに互換品があるのは知ってますが、

レゴにも互換品があるとは・・・。

ちなみにプリンターのインクは正規品を使うように心がけています。

本体が不調になったら本末転倒ですから。

品質に不安あるも、安いので購入してみた!

 

たまにしか遊ばないし、また半ゴミ状態になるぐらいなら、できればレゴにお金を使いたくないんですよね。

そんな中、

某アプリで恐竜のレゴ互換品が販売されていたので、購入してみました。

恐竜大好きなんです。

キャラクターものではないし、

映画やアニメの著作権にかかわるような製品でもなさそうです。(たぶん)

 

ここから、品質がどうなのか探っていきたいと思います!

 

下のようにアーチ形をしたレゴ(正規品)の上に固定してみました。

片足だけはめ込んで片足立ちさせてます。何の問題もなく安定しました

恐竜の口も開閉できます。

うーん、たいていの子供はこれで満足しそうな品質。

 

恐竜(互換品)の背中に人間のキャラクター(正規品です!)を載せてみました。

ん?

下の画像のように、少し力を加えると外れやすいです。

いまいち、「カチッ」っとはまる感じがないですよね~。

とはいうものの、

キャラクターをそっと持ち上げても外れなかったので、

そこまでゆるゆるでもない印象。

繰り返しますが、恐竜以外は正規品です

まとめ

 

レゴ互換品は少しグレーな存在であり、

こういった製品を極度に嫌う方もいらっしゃいます。

(明らかに著作権を侵害してる製品は別問題)

 

今回購入した「恐竜」は思ったよりも良かったです。

十分楽しめます。

とにかく安い!

 

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。