ジョギングが続かないとお悩みの方へ!なぜあの人は毎日走ることができるのか?

ジョギングがダイエットに効果的なのはもはや常識。

トップレベルの長距離ランナー、本格的なマラソンランナーはみんな細い!

ほぼ毎日走ってる近所の女性も超スリム。後ろから見たら20歳以上若く見えます。

ところが、この単純な運動を繰り返す「ジョギング」が曲者で、一般の人はなかなか続かないんですよね。

かく言う私も、マラソン大会に頻繁にエントリーしてた頃は、走ること自体が楽しくてほとんど毎日走ってました。

とくに通勤ランをよくやってました。川内優輝選手も通勤ランやってますね。(今もやってるのかな?)

ところが結婚して子供ができると、なんやらかんやら時間が経つの早くて。

自転車と比べると移動スピードが遅い!

「走る」ことに魅力を感じなくなったわけです。

私の生活の中心はもっぱら自転車。

朝夕のラッシュ時、自転車なら車よりも早く到着できることも少なくないです。

 

つまり、早く家に帰りたいのだ(*´▽`*)

 

とりあえずマラソン大会にエントリーする!

マラソン熱が冷めてしまったようですが、

自転車よりランニングの方がダイエットになるのは事実。

できれば、時々走りたい。

そのモチベーションを維持もしくは高める方法として、

マラソン大会にエントリーする

のがオススメなんです。

ジョギングを始めたらすぐに申し込んだ方が良いです。

申し込みたくなった時はすでに締め切ってたりします。

申込締切りがわりと早いからですね。

いやいや、練習だけでいいよ・・・。って方、それじゃジョギングが続かない可能性が高いですよ。

長いスパンで続けるには1年のうち最低でも4,5回ぐらいはマラソン大会に出場したほうがモチベーションが保てます。

もちろん川内選手みたいにたくさん出るのもありでしょう。

 

ちなみに冒頭にも出てきましたが、

「ほぼ毎日走ってる近所のおばちゃんも超スリム。後ろから見たら20歳以上若く見えます。」

この方もマラソン大会によく出られてるようです。

参加するなら、それなりに参加費や旅費が必要になります。

「旅行を兼ねて」「経験を買う」「健康を買う」みたいな意識を持ってると、たいした出費ではないと思っております。

走った後には達成感と気持ちの高揚、そして今後の自信にも繋がります。

マラソンを通じて新しい出会いもあります。

 

水を差すようですが、マラソン大会の参加料は年々上昇傾向です。

特にフルマラソンは10000円を超えるのが当たり前になってきてます。

東京マラソンなどは、そのうち2万円台になるかもしれません。

関連記事

マラソン大会の参加料いろいろ。またいつか走ってみたいフルマラソン。

というわけで、

私がオススメするマラソン大会は、5km、10km。長くてもハーフマラソンです。

これらは安いところなら3000円程度。

しかも完走だけなら長時間走るような練習は必要ないです。

 

短い距離でもいいから、できるだけ毎日ランニングをすることが大事。

 

フルマラソンの完走を目指すとなると、練習時間を確保するのが結構大変になってきます。

もちろん6時間、7時間でもとにかくゴールすればいいよって方は、

たいして練習する必要もないでしょう。

 

でもまぁ、フルを走り切る自信と走力がついてから申し込んだほうが、記録も狙えて面白いと思いますけどね。

 

 

ジョギングしやすい環境を整える

 

ジョギングの時の服装は何でも良いと思うのですが、ランニングシューズだけは必須です。

まさに走るために作られてますから、とても軽くて機能的です。

雨で濡れた時や洗ったときにも乾きやすいです。

是非自分に合ったランニングシューズだけは揃えましょう。

できるだけ日焼けはしないほうがいいでしょう。

関連記事

首まで隠れるマスクが人気上昇中!?キシリアマスクで日焼け防止効果も。

 

ジョギングの前にやるべきことをすべて済ませておくのがオススメです。

家族の理解が得られないようなタイミングでジョギングすると、後味が悪いですからね(*_*;

走った後も気が楽です。

 

どこで走るか?なんですけど、

近くにジョギングができる公園があれば理想。

それがない場合は一般道を走ることになります。

信号が少ないルートをあらかじめ決めておくとよいのですが、

交通事故にあわないように気を付けましょう!

 

通勤ランもおススメですが、車が多いところは排気ガスが気になります。

そして真夏は本当にきついので、脱水で気分が悪くならないように気をつけましょう。

 

 

自分の走力を知ることが第一歩。

 

続けるには、決して無理をしないことが大事だと思います。

膝でも痛めて歩けなくなったら本末転倒。

別にオリンピックを目指すわけではないので、無理なことはやめましょう。

走り終わった後に心身ともに余裕がある状態が理想。

家に帰ったら疲れて寝るだけになってしまうのは、頑張りすぎてる証拠。

 

ランニングクラブに入ると仲間と一緒に練習ができたり、情報の共有などを通じて走力アップにつながると思います。

 

でもそういうの苦手だなぁ・・・って方も少なくないかも。

走る自分の中に、コーチとしての自分もつくりあげます。

コーチというと大げさかもしれませんが、

ようは自分で練習メニューを組み立てて実践し、体調の管理もできるようになれば素晴らしいですね!

 

早朝に走ればダイエット効果抜群!

 

起きたらすぐ走る!!

頭が寝ぼけてる状態で、すぐに走り出すのが良いです。(車に気を付けて!)

起きてから朝ごはん食べて、ベッドで横になってスマホ見て・・・ってなると走る気力がどんどんなくなってきます。

朝食はとらずに走ることで脂肪燃焼効果が期待できます。

少し水を飲むぐらいにしましょう。

走り終わった後に食欲がなければ、脂肪が燃えてる証拠。

毎日走れば、どんどん痩せることができますよ!

走り始めはスロージョグから。

継続して走ることが習慣になれば、自然とジョギングのスピードも上がっていくと思います。

 

休みの日にできるだけ遠くまで走ってみる!

 

数百円だけ持って、できるだけ遠くに行ってみるのもおススメです。

お金がなければ、また歩くか走るかして戻ってこなければならないので、

それだけ距離が稼げます。

まとめ

ジョギングは痩せるだけでなく、

血液さらさら効果やスタミナの向上、

そして何よりも気持ちが前向きになってくることが素晴らしいです。

とくに趣味がないなぁって方にも、ジョギングはおススメですよ!!

 

関連記事

ウォーキングとスロージョグ。どっちが痩せる?

日本三大マラソンにペースメーカーは不要だと思う「3つの理由」。

ニューイヤー駅伝の視聴率って微妙!?もっと注目される方法を考えてみたよ。

スニーカー女子に「ランニングシューズ」が人気沸騰中!?

東京オリンピック男子マラソン日本代表のうち、最も好走しそうなのはあの選手。

 

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。