輸入版のWindowsゲームは初心者にもおススメできるのか!?

 

PCゲームといえば、綺麗なグラフィック!

高速通信で快適な環境!

というのが一般的でしょうか。

 

ところが私の場合、

スマホをPCに繋ぐという「テザリング(しかも低速)」でインターネットをしてるので、

遊べるゲームは、

「信長の野望」や「ラストレムナント(古い!?)」

「イースシリーズ(さらに古い!?)」のような

オフラインゲームが中心。

 

それでもドラクエ10は遊べました。

(時々発生する自動更新はテザリングだと不可能だったので、その時だけポケットWi-Fiを借りる反則技。)

 

そんな私が、NFSMWを購入。1人で遊べますからね。

日本語版があるのか分かりませんが、輸入版を購入しました

(購入当時は安かった)

 

案の定、取説など親切なものは一切入っておりません。

DVD一枚とシリアルナンバーが書かれてある紙、FIFA13の広告(笑)

 

後から分かりましたが、

私が購入したものはリブート作品で、

Criterion games(クライテリオン・ゲームズ)というところが製作し、

EA(エレクトリック・アーツ)が2012年に発売したものなんだそうです。

 

Need for Speed: Most Wanted-Wikipedia

輸入版NFSMWは楽しめたのか!?

 

購入したのは画像の製品。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド (2012)です。

パッケージには2012とは書いてなくて、

タイトルの横に「a CRITERION GAME」と書いてあるのが目印。

 

パッケージの裏面の右下をみると、MANUFACTURED IN EUと書かれてます。

ヨーロッパで製造ってことかな?

インストールするとOriginの画面が出てきました。

Originって何?EAじゃないの?

意味が分からん(*´Д`)

 

こちらの記事で分かりました!

はじめてみようPCゲーム – EAのタイトルならOriginで遊ぼう

 

とりあえずアカウント作って、ログイン。

ロード画面ですが、めっちゃ綺麗です。(個人の感想です)

最近なぜかここから始まります。(静止状態)

何をしたらいいのか?目的(目標)はなんなのか?

 

とりあえず走ります。

アクセルとブレーキぐらいは適当にコントローラーを触ってたら慣れてきました。

 

BGMが数曲用意されていて、ドライブ中でも簡単に切り替えることができます。

どの曲もカッコよく、ロックが多い印象。

 

走ってるとパトカーに追われてるのが分かります。

とりあえず逃げればいいの??

 

このゲームの良いところは、

マップが広くて、いろんなところを走れる!

道じゃないところも自由にドライブできるのは楽しいですね。

 

ガソリンスタンドみたいなところに入ると車の色が変わり、新調されました。

何度でも新しくなります。

何度もクラッシュしますが、すぐに立ち直ってドライブ開始。

ぼろぼろになっても普通に走れてるような・・・。

警察もめちゃくちゃしますわ(*´Д`)

こんなところで溝落としも可能。

溝落とし-Wikipedia

夕日が眩しいぜ。

何をしたら良いのかいまいち分からないので、

とりあえず、左下のマップ◇マークがあるところへ行ってみました。

行き方が分からなくて、意外と難しかったです。

着いたけど、何をしたらいいの??

車の下の部分を読むと、HOLD 「LT」 + 「RT」 TO START EVENT

って書かれてるのが分かります。

うーん、LTとRTボタンを押して、イベント開始??

(;´・ω・)

まとめ

シリーズは新しいものも出てるので、

今更NFSMW(2012)をプレイしてる人はレアかもしれませんね(笑)

輸入版は慣れた人じゃないと、なかなか難しいかも!?

2016年に発売されたPC輸入版(NEED FOR SPEED 2015)

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。