自転車ライトが振動で下向いてしまう・・・。そんな時はこれで解決!

振動のたびに下を向いてしまうライト。まじでストレス!

 

画像のように、自転車に乗ってるとライト(クロップス100㏐)がじわじわ下を向いてしまいます。

昼間なら放置なんですけど、夜こんなことになったら事故の元!

ハンドルバーがストレートならこんなにズレて下を向くことはないと思うのですが、

ライトを取り付けてる位置はちょうどバーがくねってるんです。

こういう位置にライトをつけるとズレやすい。

 

さてどうしましょう?

強力両面テープで固定してみた!

 

なぜ今まで気づかなかったんだろう。両面テープで固定してしまえばいいんです!

たぶん自転車用ライトは専用ブラケットでハンドルバーに固定するという固定観念があったからかな。

とりあえずやってみよう(^^♪

画像の強力両面テープは以前100均で購入したものです。

ゴムマットも厚くて幅の広めのものを用意しました。ライトに付属してるものは小さくて頼りないんですよね。

強力両面テープとゴムマットをべったり引っ付けておきます。

あとはもう片方の養生を剥がして、ハンドルバーに取り付けるだけ。

ブラケットとゴムマット間には摩擦が大きいので、両面テープは必要ないかな。

がっちり固定されたと思います!

ですが、いつもで強力両面テープがもつかな・・・。

1か月もたないようなら下の製品を使ってみたいと思います。

水に強そう(^^♪

ケンコバハンズ 両面テープ 超強力 透明 多用途 幅30mm×長さ3m×厚み2mm 強力 粘着 (幅30mm×3m)

まとめ

 

簡単なことなんですけど、とりあえずライトが下を向くストレスから解消されました。

それにしても、もっとしっかりしたブラケットつくってほしいですよね(;^ω^)

 

 

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。