MTBのブレーキインナーケーブルを替えてみた!!

博多駅近くで自転車に乗ってたら、いきなりブチッっと切れました。切れたのはフロントブレーキのインナーケーブルです。過去にも同様のことが数回あったのですが、今回もスピードを出していないときだったので事なきを得ました。いつも自分で交換してるのですが、手順をあいまいにしか覚えてないので忘備録として書いときます。

まず使う工具ですが、ワイヤーカッター5mmの六角レンチラジオペンチです。

ワイヤーカッターはフジ矢㈱日本製です。いい買物したと思っております。

 

 

 

 

 

 

インナーワイヤーはこんな感じで逝きました。ちなみにアウターケーブルは最近交換したばかりなので今回はそのままにしておきます。

長年乗ってると、様々なトラブルが起こるんですよね。

 

 

 

 

 

 

ブレーキレバーの部分。

なかなか年季が入ってるでしょ?

 

 

 

 

 

インナーケーブルはこちらを使いました。中にエンドキャップが2個入ってます。安くて助かりますw

 

インナーケーブルはアリゲーター。

 

 

 

 

 

交換の手順なんですが、いたってシンプル。

①古いワイヤーをラジオペンチを使って取り出す。

②ブレーキレバーのところに新しいワイヤーのタイコを最初に入れてからワイヤーを通していく。

③ブレーキキャリパーのワイヤーを止めるところを六角レンチで閉める。たぶん閉めすぎると切れるんだと思います。余分なワイヤーをワイヤーカッターで切断し、最後にエンドキャップを取り付けて終了。

完成しました!

熟練者やプロの人がみたら、ツッコミどころが多いのかもしれません。こわいこわいw

 

 

 

 

 

 

ワイヤーはブチッと行く前に替えましょうね!!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。