古くなった「シフト用インナーケーブル」を替えてみた!MTBを快適に楽しもう!

ディレイラー側のインナーケーブルがばらけていたので、切れる前に交換しました。

過去にも替えたことはあったはずのシフト用インナーケーブル。

久しぶりに交換しようとすると、手順が全く分からなくなってました(;´・ω・)

おまけに関係のないビスを外したり、てんやわんや。

不慣れな私が、今後スムーズに交換できるようにするために書いた記事です。

 

シフトレバーからインナーケーブルを抜く方法を、

画像を使って分かりやすく説明しております。

変速の調整方法などは書いておりませんのであしからず。

ハンドルからシフトレバーを外してみた。

今回インナーケーブルを交換したのは、右シフトレバー側のインナーケーブル。

つまり、リアの変速に使っていたインナーケーブルです。

 

シフトレバーはシマノ「ALTUS9速」

古い製品ですが、最近の製品やグレードが異なる製品も基本構造は変わらないんじゃないかな?

今回は分かりやすいように、シフトレバーをハンドルから完全に外しました。

関係のないビスを外したくなる。

古いインナーケーブルを抜く前に、

レバーをカチャカチャして、予め9速(トップ)に入れておきます。

ALTUS9速
トップに入れときます。

 

何も知らないと、

下の画像の小さなビスを外したくなりますが、

小さいビスは外しちゃダメです!!

小さいビスを外してカバーを無理やりとってしまうと、修復不可能な状態に陥る可能性も。

+ドライバーでどんだけ無駄に回したかな・・・。

外すべきは、下の画像の少し大きめのねじ。

「プラスドライバーで回してね♪」的な外観をしてるくせに、何回回しても外れません。

 

マイナスドライバーでこじあけるようにすると簡単に外れました。

タイコが出てきた!

そのねじを外したところから、タイコが出てきました。

これでインナーケーブルの交換ができる状態になったわけです!

私がよく使ってるのインナーケーブルは、アリゲーター。

台湾製です。

ステンレス製のわりに比較的低価格なので大変助かります。

アリゲーターインナーケーブル(シフト用)
ステンレス製なので錆びにくい。

この新しいインナーケーブルをシフトレバーに通した後、ハンドルに元通りに取付て、変速の調整等も無事に完了しました。

まとめ

痛んだインナーケーブルを使い続けるとアウターケーブルにもダメージがありそうです。

古くなってきたインナーケーブルは、早めに替えておくことをおススメします!

 

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。