暖冬で消えた駅。ヤナバスキー場前は何を残したのか?

昔スノーボード一式を持って、

九州から青春18きっぷを使いながら、

長野県のスキー場へ行ったことがあります。

 

たどり着いたのは「ヤナバスキー場」。

2016-2017年シーズン以降営業されてないとのこと。

今シーズン(2019-2020シーズン)は営業に向けて準備はしてるそうです。

 

そのスキー場の前に、

「ヤナバスキー場前駅」という臨時駅があったんです。

 

相次ぐスキー場の閉鎖

 

今年もやっぱり暖冬かな?

暖冬傾向、少雪の可能性=気象庁:時事ドットコム – 時事通信

 

相次ぐスキー場の閉鎖。

Wikipediaをみると、閉鎖されたスキー場が都道府県別に分かります。

日本のスキー場一覧

 

九州では天山、九重、五ヶ瀬が御三家で生き残ってます。

規模は小さいし雪質はあれなんですけど、

高いところからの景色は素晴らしいですよね!

 

ようこそ 天山リゾートへ

九重森林公園スキー場公式HP

TOP – 五ヶ瀬ハイランドスキー場

 

 

臨時駅だったヤナバスキー場前駅も廃止。

 

2019年3月16日にヤナバスキー場前駅が廃止。

ヤナバスキー場前駅は臨時駅で、スキーシーズンのみ電車が停まってたようです。

配置はこんな感じ☟

松本駅方面⇐簗場駅-ヤナバスキー場前駅(臨時)-南神城駅⇒南小谷駅方面

 

廃止されたことで、ツイッターにも多数投稿されてるようです。

大糸線は感動を与えてくれた!

 

私がヤナバスキー場へ行った時、雪は十分すぎるほど積もっておりまして、

車窓から北アルプス?の雪景色に感動!!

九州ではあんなにこんもりした積雪を見ることが出来ませんから、

嬉しくて楽しくて(*´▽`*)

本当に貴重な体験でした。

あ、スノーボードもめっちゃ楽しめましたよ!!

まとめ

 

現在スノーボード熱はとっくに冷めてますが、

思い出のあるスキー場、駅が無くなると寂しいものです。

せめてもう一度大糸線に乗って旅してみたいな(*´▽`*)

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。