筑紫女学園が粘りの走りで17年ぶりの表彰台3位!!みんなの力がひとつに。

12月22日、第31回全国高校駅伝女子が行われました。

コースは、

京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点にした5区間21・0975キロ。

 

福岡県からは筑紫女学園が出場。

正直いうと、今年も地味な結果に終わるんじゃないかって心配してましたが、

めっちゃ嬉しい結果になりました。

1時間8分24秒で3位!!

 

3位ですよ、3位

筑紫女学園は、過去に3度全国優勝したことあるものの、近年はやや低迷気味。

そして令和元年、

17年ぶりの表彰台ってことで、めちゃめちゃ嬉しいですよね!!

 

レースは、1区から5区までみんなが力を出し切った印象を受けました。

 

その中で印象的だったのは1区の池田さんがよくがんばって、

5番目にタスキを渡しました。

抜きんでて速い選手がいない中で、1区が確実にレースの良い流れをつくることは重要。

 

それと4区を走ったキャプテンの市原さん。

精神的支柱でもあり、

チームをひとつにできる能力があるように思います。

 

走りも、3000mの持ちタイム以上に素晴らしい走りをしたんじゃないでしょうか。

表情に苦しさはなく(本当は苦しいでしょうけど)、

キャプテンなので、後輩に苦しそうな姿を見せない、

あえて余裕を見せてるのかもしれません。

心肺機能もかなり鍛えられてるのでしょう。

 

とにかく優秀!

 

皆さん、本当におめでとうございます!!

須磨学園と興譲館を振り切る!

 

キャプテン市原さんが順位をひとつ上げて、3位で5区に繋げます。

しかし須磨学園が競りかけてきます。

須磨学園といえば強豪ですから、抜かれるんじゃないかと思いましたが、

ずるずる後退。

代わって興譲館が追い上げてきましたが、

それも見事に振り切りました。

永長さん強し!

 

競技場に入る頃は3位確定的な状況だったので、

本当に安心して見ることができましたね(*´▽`*)

 

5区の永長里緒さんはロードレースで定評があるようです。

将来、マラソンランナーにならないかな?

 

筑紫女学園の通過順位です!

第1中継所 第2中継所 第3中継所 第4中継所 ゴール
5位 7位 4位 3位 3位

トップ争いは終始、仙台育英と神村学園の展開。優勝したのは?

 

優勝したのは仙台育英!

タイムは1時間7分0秒

 

1区で30秒以上神村学園を離してから、有利に展開しましたね。

2区の留学生の走りは素晴らしかったですが、それ以外は期待したほどではなかったような。

連覇のプレッシャーもあったかもしれません。

神村学園は悔しい2位なんじゃないでしょうか。

 

ツイッターでも続々とおめでとうの声

まとめ

 

1区で粘りの走りをした池田朱里さんと5区で勝負強い走りをした永長里緒さんは、

まだ2年生。

2区の中才茉子さんと4区の柳楽さんは、まだ1年生!

来年の新入生も速い生徒が入ってくるだろうし、

来年は優勝に期待したいですね(^^♪

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。