2位までがオリンピックに内定するMGC。じつは3位以内を狙ってる選手が多い?

9月15日に東京オリンピック代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップMGC)が行われます。

MGCに出場する選手のことを「MGCファイナリスト」といいます。

MGCファイナリストには、男子が31名(出場辞退3名除く)、女子が12名(出場辞退3名除く)が選ばれました!

MGCファイナリストの顔ぶれを知りたい方はMGC公式サイトをご覧ください。

マラソン日本一決定戦!!

このレースはとても楽しみです!国内トップ選手のオールスター戦ですから。

過去のオリンピック代表選考レースといえば、

複数あったために注目してる選手が同じ大会に出ないことが多く、

力関係がよくわからないままオリンピック代表が決められてました。

そのもやもやが解決!

9月15日のMGCの結果、

2位までの選手が2020年東京オリンピックのマラソン代表に内定します。

つまり、男子2人、女子2人が内定。

あれ?3人じゃないの?

過去のオリンピックマラソン代表は3人ずつです。

いったいどういうことなんでしょうか?

3人目はこうやって決まる!

2020年東京オリンピックマラソン代表枠は、

過去のオリンピック代表枠と同じ。

男子3人、女子3人です。

この3人目の選考方法が興味深いんです。

3人目の選考方法は、

2019年冬から2020年春にかけて実施される国内の大会(男子3大会、女子3大会)で

派遣設定記録を上回り、最も速いタイムを出した選手1人が選ばれます。

 

その国内3大会と日程はこちら!(大会名に公式リンク貼ってます)

男子3大会

  2019年12月1日 2020年3月1日 2020年3月8日
  福岡国際マラソン 東京マラソン びわ湖毎日マラソン

女子3大会

  2019年12月8日 2020年1月26日 2020年3月8日
  さいたま国際マラソン 大阪国際女子マラソン 名古屋ウィメンズマラソン

そして、ハードルがめちゃ高い!派遣設定記録はこちら。

  派遣設定記録
男子 2時間05分49秒
女子 2時間22分22秒

はい、男子は絶望的?!

一方の女子はまだ可能性がある??

ここで、オリンピックマラソン女子金メダリストの2人を思い出しました。

その国内ベスト記録は下記の通り。

  国内3大会 記録
高橋尚子さん 2000年名古屋国際女子マラソン(後の名古屋ウィメンズマラソン) 2時間22分19秒
野口みずきさん 2003年大阪国際女子マラソン 2時間21分18秒

 

さすがといいますか、2人とも国内3大会における派遣設定記録を上回る記録を出してたんですね。

2016年リオ五輪日本人最高順位(14位)だった福士加代子さんの国内ベストは、

2時間22分17秒。(2016大阪国際女子マラソン)

こちらも素晴らしい記録です。

 

派遣設定記録を上回るのはめちゃくちゃ厳しそうですが、

1人ぐらい出てきてもおかしくないかもしれませんね!

 

ちなみに、

該当者がいない場合は、MGC3位の選手が3人目の代表になります。

 

MGCが終わった後の国内3大会を、かろうじて見切ってないものの、

やっぱりMGCが最優先だということでしょう。

つまり、MGCで3位以内入ればオリンピック出場の可能性はかなり高いんじゃないかな?(特に男子は)

MGCは日本記録が出ないと思う理由。

たいていのビッグレースはペースメーカーがいたり、

そうでなくてもケニアやエチオピアなどから世界のトップ選手が多数エントリーしてることが多いですよね。

彼らを風よけにすることができれば、好記録も期待できます。

それがないMGC。(同僚を勝たせるために、あえてペースメーカーになる人が出てこないともいえませんが)

勝ちたいなら、序盤から前にでてライバルに風よけにされるようなことはしないでしょう。

というわけで、あまりペースは上がらないと思います。気候的にもまだ暑そうだし。

全盛期の野口みずきさんのような選手が現れるなら別ですが、それもない気がします。

MGCに出場する選手の心境はどうなんでしょう(・・?

①絶対に勝ちたい。

②なんとしても2位までに。

③展開が向いて3位までに入れれば。

④順位よりも自分の力が出せれば。

①は近年の大きなレースで優勝した(または日本人1位)ことがある選手じゃないと、考えることができないと思います。

多くの選手は②と言いたいところなんでしょうけど、速い選手がぞろぞろいるMGC。なかなか現実は厳しいです。

先頭集団が崩れて落ちてきた人を拾って、しれっと3位以内。

そういう展開を狙ってる選手が多いのではないでしょうか。

当日暑くなって消耗戦になれば、中本健太郎(安川電機)さんみたいな選手が浮上する可能性もありますよね!

少し古い記事ですが☟

中本が6位、アテネ以来の日本勢入賞 男子マラソン

まとめ

3人目の代表枠について、今の選考方法は上手く考えてありますね!

ただし、派遣設定記録を上回る選手はおそらく出てこないだろうし、

はたしてMGC3位の選手がオリンピックで通用するのかな?

という疑問も残ります。

MGC後の3大会に厳しい派遣設定記録を設けるよりも、

3大会のいずれかの優勝者の中から代表を選ぶのもありかなって思いました。

(優勝者が出ない可能性もありますが。)

大会結果に関する記事はこちら!

MGCで東京オリンピックに内定した選手の「実績」をみて分かったこと。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。